寿命が長い犬種とは?

寿命が長い犬種とは?

長寿の犬

 

犬と人間の歴史は古く、両者の関係は1万年前から始まっているとも。
歴史的に見ても犬は人間の“友人”ということができそうです。

 

そして現在、犬を家族として迎え入れている方は少なくありません。

 

しかし悲しいことではありますが、犬と私たち人間とでは流れる時間の速さが違います。
さらに犬や猫、うさぎやハムスター……動物ごとに寿命が違うように、犬の種類、すなわち犬種でも寿命の違いというものはあらわれます。

 

今回は、これから犬を家族として迎え入れようかなと思っている人必見・寿命が長い犬種をご紹介します。

 

■チワワ
寿命:15歳前後
人間年齢:76歳前後

 

小さな顔に大きな目が特徴的なチワワ。
小柄で華奢な体つきから、どちらかというと儚げで弱々しい印象を受けますが、実は長寿犬の代表格です。

 

その寿命は15年と、犬の平均(10〜13年)を大きく引き離すほど。
人間年齢に換算しても76歳前後ですから、かなり長寿ということがわかりますね。

 

■イタリアン・グレーハウンド
寿命:15歳前後
人間年齢:76歳前後

 

利発そうな細身と爽やかな短毛が特徴的なイタリアン・グレーハウンドも長寿な犬種です。
細く引き締まり薄らと筋肉のついた脚からはまさに“活発”“健脚”なイメージを持ちやすいですが、意外にも骨は丈夫でない個体も多くいます。
統括して比較的丈夫な犬種ではありますが、骨折には注意しましょう。

 

■マルチーズ
寿命:12〜15歳
人間年齢:64〜76歳

 

白くふわふわの毛が優雅な印象のマルチーズ。
その“箱入りお嬢様”なたたずまいからは想像しにくいですが、寿命は人間年齢にすると大体64〜76歳と、意外にも長寿です。

 

さらに意外なことに自分より大型なものに真っ向から向かって行く勇敢さも持ち合わせているので、ケガなどには要注意。
その他、長毛種であるため目、耳、皮膚の状態には気を配るようにしましょう。

 

それらに気を付ければ、日本では最高齢・24歳という報告もあがっているほどなので、おおむね長寿な犬種と言えそうです。

 

■ミニチュアダックスフンド
寿命:14〜15歳
人間年齢:72〜76歳

 

垂れた耳と胴長短足なスタイルが特徴のダックスフンド。
この犬種も寿命は14〜15歳ということで、犬種ならではの持病なども少ないこともあり犬の中では比較的長寿です。

 

活発で運動好きな性格なので、日々のお散歩は大切。
さらに小柄でもあるので、ヘルニアにもつながりかねない肥満にも注意しましょう。

 

■まとめ
寿命が長い犬種、いかがでしたか?

 

これらに出てきたのはあくまで“平均”です。
飼育環境によって平均より長生きすることもあれば、短命にあることもあります。
寿命が長いか短いか、どうせなら長い方がいいですよね。

 

愛犬との時間は有限。
後悔のないように、大切に日々を過ごしてくださいね。

 

 

 

 

うちのワンちゃんはこれで元気!
⇒犬康食ワン プレミアムを使ってみました。