痩せた愛犬を【健康的に】太らせるためにはコレ!

痩せた愛犬を【健康的に】太らせるためにはコレ!

犬

 

テレビに出てくるちょっとぽっちゃりな犬たち。
肥満は様々な病気を引き起こす好ましくない状態……とは言え、飼い主さんは「ごはんが大好きで〜」となんだかんだ甘い様子をよく見かけますよね。

 

全体的にふっくらとして貫禄のある小型犬。
丸いシルエットに一見びっくりするような大型犬。
柔らかそうなお肉。

 

スタジオからは「太り過ぎじゃない?」との声があがることもありますが、それを羨ましそうな目で見る人もいます。
そう、“痩せている愛犬をもつ飼い主さんたち”です。

 

肥満気味な状態も心配ではありますが、一方で痩せ気味な愛犬に気を揉む飼い主さんがいるのも事実。
今回は、犬を健康的に太らせる方法をご紹介します。

 

■ごはんの量を増やす
犬を太らせたいとき、よく言われる方法がこれです。
単純にごはんの量を増やせばいいのです。

 

量としては2倍はいきすぎ、目安は1.5倍ほどですが、このあたりは愛犬の状態に合わせるのがいいでしょう。
適正量がわからない場合は、獣医さんに相談してみるのもおすすめです。

 

ごはんの量を増やした場合、便の状態をよく確認することも必要です。
便がゆるくなっていた場合は、増やした分だけ胃腸に負担がかかっていることが考えられます。

 

■ごはんの回数を増やす
上記「ごはんの量を増やす」方法で胃に負担がかかって便が緩くなる犬もいると書きましたが、その場合有効なのが「ごはんの回数を増やす」方法です。

 

通常1回であげる量を2回、3回とわけてあげることで、胃腸への負担を軽減できます。

 

■カロリーの高いごはんをあげる
人間にも食べることが好きな人・嫌いな人といるように、犬にも食事が好きな犬・嫌いな犬がいます。
そのような食が細い犬には、ごはんの量や回数を増やすことは負担になることも。

 

そんなときはカロリーが高いエサを選ぶのも一つの手です。
通常の1食分で摂れるカロリーより高いカロリーを摂れるので、量や回数はそのままで太らせることが可能です。

 

■消化・吸収のいいごはんをあげる
不健康に痩せている状態とは、=必要な栄養が行き渡っていない状態でもあります。
その場合消化・吸収が悪く、食べた分がきちんと栄養になっていない可能性も考えられます。

 

食べた分を栄養として取り込める、消化のいいごはんにシフトするのも有効です。

 

■適度な運動
太らせるためには摂取カロリーが消費カロリーを上回ることが大切です。
しかしカロリーを消費させないよう運動をさせないのは不健康。

 

適度な運動を取り入れ、お腹を空かせてごはんの時間を迎えることも大切です。

 

■まとめ
愛犬を健康的に太らせる方法、いかがでしたか?

 

愛犬が痩せてて心配。
心配のあまり早く太らせなければと無理に生活を変えては犬の負担になってしまいます。
長い目で見て食事や生活を改善していくことを心がけましょう。

 

 

 

 

うちのワンちゃんはこれで元気!
⇒犬康食ワン プレミアムを使ってみました。