ドッグフード アトピー おすすめ

犬のアトピー性皮膚炎にオススメの食べ物(ドッグフード)や治療法とは?

愛犬のアトピー


皮膚のただれや激しい痒み……。
遺伝的にかかりやすい犬種もいたりして、可愛い愛犬のアトピー性皮膚炎に悩んでいる、という飼い主さんは少なくありません。

アレルゲンが体内に侵入することによって引き起こされるアトピー性皮膚炎は、痒みやただれの他、外耳炎や結膜炎といった合併症を引き起こすことも。

今回は、犬のアトピー性皮膚炎の原因とオススメの食べ物(ドッグフード)・治療法をご紹介します。

最後に我が家のワンコに効果のあった方法も公開中です。最後までご覧下さい。

そもそも犬がアトピー性皮膚炎になる原因とは?

犬のアトピー性皮膚炎は、以下が原因、あるいは複数絡み合って発症します。

・遺伝……遺伝的にアレルギー抗体IgEがつくられやすい(IgE抗体は肥満細胞と呼ばれる細胞とくっつくと血流を過度に促進させ、これがかゆみの原因に……)
・環境……ダニ、ダニの死骸、花粉、ほこりなどが多い
・皮膚バリア機能の低下……皮膚が乾燥し、バリア機能が正常に働かない
・食事……安いドッグフードを食べさせる事で、抵抗力や免疫力が落ちている

おすすめの食事や成分とは?

・専用ドッグフード
先ほど書きましたが、ドッグフードは選んであげないとワンちゃんが可哀相です。
合成着色料や添加物が刺激となることもあるので、「無添加」「低アレルゲン」などの記載にも注目してみてください。

更にもっと言えば、通常の安いドッグフードなどは、人間が食べられないレベルの死んだ動物の肉や病気の動物の肉などが原料となっています。

人間が食べられないような原材料の物を食べていたら、調子が悪くなるのは必然とも言えますよね。
『餌なんて何でもいいや』とならずに、こだわってほしい所です。

・オメガ3脂肪酸
犬のアトピー性皮膚炎の対策として研究が進んでいるのがこちらのオメガ3脂肪酸です。
ドッグフードに含まれていることもあるので、この成分も注目ですね。

・アミノ酸
「原因」の項目で、皮膚の乾燥も原因になりえるとかきましたが、この皮膚バリア機能をサポートしてくれるのがアミノ酸です。
こちらもオメガ3脂肪酸同様ドッグフードに含まれていることのある成分なので、チェックしてみてくださいね。

・手作り
納得できる市販品がない場合、手作りという手もあります。
ただし人間と犬では食べれるものが違いますので、様々な知識が必要ですし何より手間が掛かってしまいます。

治療方法はどんなものがあるの?

主な治療法は以下の方法があります。

・投薬治療
ステロイドや抗ヒスタミン材などが投与されます。
比較的よく行われる治療法の一つで、安価というメリットがある一方、やはり副作用がみられることもあります。

・減感作療法
少量のアレルゲンを投与し、体をアレルゲンに慣れさせるという形の新しい治療法です。
時間がかかる、費用が高いなどのデメリットもありますが、体質から改善できるため「根本的」と言える治療法でもあります。

・スキンケア
シャンプーでの洗浄によるアレルゲン除去や、セラミドでの保湿によるバリア機能の回復を目的としたのが、スキンケアによる治療です。
これも比較的新しい治療法になります。

まとめ

犬のアトピー性皮膚炎についてでしたが、いかがでしたか?
「この成分が絶対」「この治療法が最良」といえるものがないのが難しいですね。

アトピー性皮膚炎は食事も治療法も様々です。

ちなみに我が家は無添加ドッグフードに変更してから、アトピーだった愛犬の調子が良い感じです。
我が家で使っているのは、人口添加物不使用グルテンフリー(アレルギーの原因になるグルテンを使わない)オメガ3オメガ6などが含まれていて、更に環境規制が厳しいニュージーランドで育ったお肉を使ったドッグフードです。

食いつきも良いですし、カイカイ知らずになりました。

トライアルセットがあるので、愛犬のために試してみるのがオススメですよ。

新規バナー
>>プロが認めるドッグフード【ブッチ】<<