犬の糖尿病でおやつはNG!?与えるとどうなる?

犬の糖尿病でおやつはNG!?与えるとどうなる?

わんちゃんのおやつ

 

皆さんは「糖尿病」といわれて何を想像しますか?
生活習慣病、偏った食事、悩んでいる人が多い……などなど様々でしょう。

 

その糖尿病、実は犬も発症するということをご存知でしたか?
食事が偏りがちな現代人特有の病気だと捉えていた方は少し意外に感じるかもしれませんね。

 

犬の糖尿病の割合はそれほど高くはありませんが、治療は長期的なものになります。
今回は犬の糖尿病の原因とおやつをあげた場合どうなるか、をご紹介します。

 

■犬の糖尿病とは
簡単に言うと、膵臓の働きが悪くなり、分泌されるインスリンが正常に働かなくなる病気です。
インスリンは糖をエネルギーに変える働きを担っているので、この働きが鈍ると

 

・“糖→エネルギー”という変換が行われない
・そのため、血液中の糖が増える

 

という状態になってしまいます。

 

さらに怖いのが、症状が現れにくいという点です。
「食べているのに痩せる」「多飲多尿」などの症状が現れるのは進行してから。
さらに悪化すると血中に有害物質が増加します。。

 

また白内障、下痢などといった合併症を併発することもあり、ひどくなると昏睡状態に陥ることもあります。

 

■原因は?
インスリンが正常に働かなくなる詳しいプロセスはまだわかっていません。
しかし、遺伝的に糖尿病になりやすい犬種がいることや、ウィルス感染によってインスリンを分泌する細胞が破壊されたりすることもあるというのがわかっています。

 

その他様々な病気につながる肥満なども要因の1つではないかと考えられており、

 

・遺伝
・肥満
・ウィルス感染
・加齢

 

などが要因と言えそうです。
治療としては食事療法やインスリンの投与などがあります。

 

■糖尿病の犬におやつをあげてもいい?
糖尿病の犬におやつをあげてもいいか。
答えは「NO」です。

 

酷なことかもしれませんが、糖尿病の犬へのおやつは禁物です。

 

糖尿病は血糖値のコントロールが欠かせません。
しかしここでおやつをあげてしまったら、コントロールしてきた血糖値がおやつのせいで上昇してしまうことが考えられます。
せっかく食事や運動で気を使ってもおやつ1回で全てパー、なんてことになりかねません。

 

また犬自身が糖尿病用の食事よりもおやつを求めてしまうことも。

 

可哀想だと思ってもおやつをあげるのは絶対にNGです。

 

■まとめ
犬の糖尿病の原因やおやつの可否、いかがだったでしょうか。
糖尿病は悪化すると完治も難しい上、日々のインスリン注射が必要になってしまう大変な病です。
まずは予防、罹ってしまったら早期治療が大切です。

 

可愛さからついおやつを……なんて気持ちもわかりますが、適切な食事で体をいたわってあげることこそが本当の愛情と言えそうですね。

 

 

 

うちのワンちゃんはこれで元気!
⇒犬康食ワン プレミアムを使ってみました。