ドッグフードの食いつきが悪い・・・。食べさせるコツ

ドッグフードの食いつきが悪い・・・。食べさせるコツ

愛犬の食いつき

 

えさの置いてある棚をじっと見つめる。
お皿を咥えてやってくる。
「ごはん」という単語に反応。

 

動物のごはんに対する反応はとても可愛いものですよね。
だからこそ、愛犬の食いつきが悪いと心配になるもの。

 

人間がごはんを食べないときは「お腹が痛い」、「気持ち悪い」など様々な理由が考えられ、理由の数だけ対策があります。
そしてそれは犬も同じこと。

 

今回は、ドッグフードの食いつきが悪いときの理由・解決策をご紹介します。

 

【原因@ 病気】
少し怖い話ですが、ご飯を出したのにいまいち食いつきが悪い場合、病気の可能性も考えられます。
犬の病気を調べてみると、症状に「食欲不振」が挙げられているものがいくつもあります。
例えば膀胱炎、フィラリア症などがそうです。
すなわち病気のせいでごはんが食べられない・食べたくないという状態ですね。

 

食いつきも悪いし、口内や体調面で気になることがある……そんな場合は、動物病院の受診の検討も必要です。

 

【原因A ごはんがある環境に慣れている】
決まった時間にごはんを出し、そして片づける。
これをせず、常にドッグフードの入ったお皿を出しておく(置きエサなどと呼ばれます)と、食いつきが悪くなることがあります。

 

これは「ごはんがあることが普通で、ごはん=いつでも好きな時に食べられるもの」という認識になってしまっているがゆえですね。
「いつでも食べられるから今じゃなくてもいい。後にする」。
置きエサは、犬にこのような考えを持たせてしまいます。

 

対策は、ご飯の時間を明確に決めておくこと。
決めた時間内にごはんを食べていなかったら、お皿を下げてしまうことも大切です。
これにより、犬にごはんはいつでも食べられるものではなく、時間が決まっているものなのだと学習させることができます。

 

【運動不足】
人も仕事があった平日と一日ごろごろしていた休日とでは、お腹の空き具合がことなりますよね。
犬も人も、運動をすればお腹が空き、運動量が足りなければ、お腹も空きません。

 

体に異常はないものの食いつきが悪いという場合には、運動が足りずにお腹が空く状態を作れていない可能性も考えられます。
しっかりと運動をさせ、お腹を空かせてあげることが対策になります。

 

【わがまま】
人間より“食”を好き勝手出来ないからか、食に対しては必死なイメージのある犬ですが、場合によってはわがままにより食いつきが悪くなる場合もあります。

 

「ドッグフードに飽きた」「ごはんよりおやつがほしい」「それよりも遊びたい」。
こう思う犬も少なくありません。

 

ここは心を鬼にして、食べなければごはんを下げる、おやつはあげない、構わないなどの対処が必要です。

 

【まとめ】
一口に食いつきが悪いと言っても、病気からわがまままで様々な理由があることがわかります。

 

体調はどうなのか、運動量は充分か。
原因を見極め、それにあった対策をすることが大切ですね。

 

 

うちのワンちゃんはこれで元気!
⇒犬康食ワン プレミアムを使ってみました。